IT・通信関連, モービルマッピング, 通信

ヘリコプターのチャーターの利点と注意点

ヘリコプターの巡航速度は時速200kmと言われています。そのため、陸路では何時間もかかる道のりでも渋滞に巻き込まれる心配をせずに、その機動性を活かして移動時間の大幅な短縮に期待が持てます。また、飛行機と異なり着陸可能場所が多く、ご希望の目的地、あるいはその付近までの移動が可能です。そして、実績のあるパイロットが運転してくれるため、安全に目的地まで行くことができます。

そのため、各地で大事な商談が立て続けにあるビジネスマンや、旅行中の移動手段としてヘリコプターをチャーターする人が増えてきています。では、ヘリコプターをチャーターする際の注意点を説明します。まず、ヘリコプターは状況により飛行できない場合もあるという点です。雨や雪、および霧などの影響により視界が確保できない場合は、操縦士が安全に飛行できないと判断し、飛行が中止されることもあります。

また、機材不良が確認された場合にもフライトはできません。しかし、これは大切な命を守るためのやむを得ない判断ですので、事前に理解しておく必要があります。安全なフライトをする目的で、手荷物の重量や大きさに制限が設けられていることもあります。通常サイズのボストンバッグやリュックサックなどでは問題になりにくいのですが、スーツケースの大きさによっては積み込めないものもあるので、あらかじめ相談しておきましょう。

チャーターする機材により、利用できる人数も違います。陸路に比べてコストは高くつく場合が多いですが、人数や目的地、そして時間効率を総合的に判断した結果、ヘリコプターの利用が最善であるケースもあるため選択肢の一つとして考えるのも良いでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です