システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

空間情報とカーナビゲーション

空間情報はカーナビゲーションの高度な利用のために開発されたものと考えられている面が少なくありませんが、実際にはその他の用途で利用されることがより有効な方法と考えられています。またこれらの利用を目的として開発されたものとなっており、カーナビゲーションで利用している手法はそのデータの利便性を効果的に利用しているに過ぎません。そのため空間情報の本来の価値を認識するためには、その利用方法を適切に理解することが必要となります。空間情報は地図上の位置を決定するための物理的な情報のほかに、様々な施設に付帯する情報を組み合わせたものとなっているのが特徴です、店舗の場合には取り扱っている商品の分類や営業時間、施設の場合には様々な種別やイベントの情報など様々なものを網羅することができるのがポイントとなっています。

これらの情報はこれまでも地図に合わせて記載されることが多かったのですが、空間情報で取り扱うことでさらに様々な利便性を生み出すことが可能となっているのが特徴です。空間情報を効率的に利用するためには、これらのデータをビックデータとして扱うことが基本となります。ビックデータはいろいろな情報の要素を様々な角度から分類することができるため、店舗の場合には商品の種類や営業時間等を項目に選んで分類することが可能です。このような利用の仕方をすることで顧客がこれらの店舗を探しやすくなるほか、統計情報などを得る場合にもその分類を限定することができ、効果的なデータの集計を行うことができるのが魅力となっています。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です