システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

空間情報を計測する方法

企業では空間情報を計測し、それをマーケティングや情報発信に役立てていることがあります。その空間情報の計測の方法はいくつか存在し、特徴を把握しておくことが大切です。中でも代表的な計測方法は3Dレーザースキャナを使うものであり、3Dでの情報発信を可能にすることが出来ます。このスキャナを用いて取得したデータはあらゆる業務の改善させることができ、低コスト高パフォーマンスな計測を提案してくれます。

バラスト水処理装置を搭載している設計では、この3Dレーザースキャナが採用されています。複数個所で取得した点群データを1つのファイルにまとめる作業も、空間情報の把握に有効となります。この手法を用いた際には計測誤差や合成誤差と呼ばれる誤差が蓄積します。最終聖火品の精度を考慮し、得られた合成を行うことが建築などの分野で役立てられます。

空間情報のデータが集まった後には、3DCADを作成することが出来ます。そのデータを活用することによって3Dモデルを作成することが出来ます。プレゼンテーションなどの分野でよく用いられます。3D計測による正確なモデルデータの元で検証動画を作成することが可能です。

実際にそこにあるかのような動画になるので、プレゼンテーションとの相性が良好といえるでしょう。空間情報を取得する際には自社で使用しているソフトとの組み合わせを確認することが大切であり、サンプルデータなどを事前にダウンロードしておくことをお勧めします。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です