システム, ビジネス/オフィス, 空間情報

空間情報の効果的な利用方法

空間情報は地図での位置を表現する位置情報に加えて、様々なその店舗や施設の利用価値を示すために有効に利用できるものであると考えられています。現在様々な解釈がありますが、基本的には地図上での位置を表現するには物理的な所在地等の情報があれば良いのに対し、空間情報ではその施設の性格やその他の様々なデータが大きな意味を持つと考えられます。店舗であれば取り扱っている商品の種別や、営業時間等がこの情報に該当するため、これを分類することにより利用者は自分の希望の商品を取り扱っている店舗を検索することができたり、また自分がその店舗に行くことができる時間帯から検索をすることができるといったメリットを生み出すことができます。これは特に自分の現在地から効率よく目的を果たすために移動する距離を短くしたり、移動のための時間を節約することができると言う意味で非常に効果的なものとなっています。

しかし空間情報の利用方法はこれだけではなく、さらに高度な利用方法も実際に行われているのが実態です。最近ではインターネットで様々な店舗の比較や施設の充実度の比較などが行われていますが、これを行う際にも空間情報を利用することでより効率的に正確な情報を得ることができるのがポイントです。空間情報を掲載する側にとってもこれらのデータがインターネットに掲載されることで、多くの利用者に対して店舗や施設の知名度を高めることにつながっているのが実態です。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です