ビジネス/オフィス, 航空レーザー計測, 計測

航空レーザー計測で地上の様子を把握する

地形図を作製する場合、通常であれば現地に直接赴き、測量機器をその場に据え付けて計測作業を行います。ただ、たとえば人跡未踏の山奥など、直接足を運ぶことが難しい場所ではこのような作業を行うことができません。しかしそのような場合でも、航空レーザー計測と呼ばれる技術を用いれば必要なデータを効率的に得ることが可能です。航空レーザー計測は、航空機に各種の機器を搭載し、上空を飛行しながら計測作業を行う技術です。

物体にレーザーを照射し、その反射に要する時間から距離を割り出すレーザー計測はさまざまな分野で活用されていますが、航空レーザー計測では空の上から地上に向けてレーザーを照射し、はね返って戻ってくるまでの時間を計測することで地上までの距離を産出します。飛行しながらレーザーを連続照射すれば、その移動経路に沿った地上の起伏が座標データとなって記録されます。これに航空機の位置ずれを補正し、さらにコンピュータ処理を行うことで、地上の様子を3Dモデルで再現することが可能になります。このモデルは、さまざまな用途に使うことができます。

最もポピュラーなのは地図の作製ですが、標高を正確に再現できるので、平面図だけでなく立体図や鳥瞰図なども作ることができます。また、定期的に同じ場所を飛行・計測すれば、降雨や河川の浸食による地形の変化などを時系列に沿って記録することが可能です。土砂崩れなどの災害の様子を把握するのにも役立ちます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です