ビジネス/オフィス, 撮影, 航空機

航空機をカメラで撮影するコツは?

航空機を自分のカメラで撮影してみたいと思ったことはありませんか?航空機を自分のカメラで撮影するのは難しい、と感じている人は多いでしょう。実際に動いている被写体を撮影するのは難易度が高く、初心者には難しいと言われています。初めてカメラで航空機撮影にチャレンジする際は、空港の展望デッキがおすすめです。まずは、たくさんの航空機を撮影しやすいスポットに出かけてみましょう。

発着便数の多い大きな空港へと行くことができれば、旅客機の優雅な車体を、近くで眺めることができます。最初は展望デッキから、機体を写してみて下さい。動いている機体を写すのが難しいようなら、止まっている機体からチャレンジしてみるのもよいと言えます。カメラのモードは、自分が扱いやすいモードから始めるとよいです。

飛行機を上手に写すテクニックの一つに、流し撮りという方法があります。流し撮りで撮られた写真は、飛行機のスピード感が表現されていて、迫力のある仕上がりとなるでしょう。流し撮りとは、シャッタースピードを遅くして動いている被写体にカメラを追従させながら撮ることで、被写体を固定したままで背景をブラしていくという技法です。写したい対象のスピード感を増したり、暗い場面で明るさを確保する時にも有効な方法であると言えます。

うまく仕上がると、背景は流れているのに被写体はピタッと静止しているような写真になるのです。迫力ある航空機の姿を捉えたいという人にはおすすめの技法であると考えられるでしょう。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です